Tequila Sunrise (テキーラ・サンライズ)

テキーラ・サンライズ
テキーラ・サンライズ

1972年という年は、TEX-MEX元年なのです。

 

“What about TEX-MEX?”に記述した通り、この年に、料理研究家 Diana Kennedy (ダイアナ・ケネディー)が自著の中で「伝統的メキシコ料理」と「アメリカナイズされたメキシコ料理」を区別するために、西部開拓時代の鉄道「テキサス・メキシコ線」の略記号である“TEX-MEX”を料理に冠し“TEX-MEX Cuisine”と表記したことが、“TEX-MEX”という言葉を広めるきっかけになりました。

 

また、'71年から'72年にかけてRolling Stonesが行った全米&メキシコ・ツアーの間、Mick Jaggerが惚れ込んでツアーの先々で飲みまくって有名になったのが、このテキーラ・サンライズというカクテル。

 

テキーラをオレンジ・ジュースで割って、グレナデン・シロップを流し込み、ゴブレットを朝焼けに染まる砂漠の空に見立てています。

 

そして、これまた'72年、Eaglesの名曲によってテキーラ・サンライズという言葉だけが、初めて日本にも紹介されました。

 

ただ、当時のLPの歌詞の対訳は「テキーラ・サンライズをもう一杯」とでもなるべき“It's another tequila sanrise”の意味が日本人には理解できず「新しいテキーラの夜明けだ」(笑)となってました。

 

今では日本のどこでも飲めるカクテルですが、いまだに、ほとんどの日本のバーテンさんは濃縮還元ジュースを使用していて現地で飲むものとはほど遠い味にしてしまっています。

 

生のオレンジをスクィーズしてブルー・アガベ100%のテキーラを使用する本物のテキーラ・サンライズを是非、当店でご賞味ください。

 

★Bounus Track★

香港の楽しい家族によるEaglesのカヴァーです。

これぞ、まさにHKG-TEX-MEX(香-徳-墨)!

香港でTequila Sunriseは「龍舌蘭日出」というらしいです。

お姉ちゃんのアコーディオンはボタン式ぢゃないけど、許してあげてください。

パーカッションは後乗せっぽいけど、弟クンはDon Henlyがよくやるギター叩きやってます。

但し、お父さんは遠藤憲一さんが演じている訳ではありません。(多分)

 

https://www.youtube.com/watch?v=LbxFwz7CBdI

 

 

≪ Drink Menu 3